What are FODMAPs?

FODMAP(フォドマップ)とは
「発酵性・難消化性の糖類」の
頭文字を合わせた造語です。

Fermentable(発酵性) の
Oligosaccharides(オリゴ糖)
Disaccharides(2糖類)
Monosaccharides(単糖類)
and
Polyols(人工甘味料)

FODMAPは全て糖質です。
通常は小腸で吸収されるはずの糖質が吸収されず
大腸に到達すると、腸内細菌がFODMAPを発酵させ
大量のガスを発生させます。
その大量のガスが腹部の膨満感や
過敏性腸症候群(IBS)ガス型の症状を起こすと考えられます。

また、FODMAPは腸内の水分バランスを乱します。
腸壁から大腸内に水分を吸い出してしまい
下痢や過敏性腸症候群(IBS)下痢型の症状を起こすと考えられます。

また、水分バランスの乱れとガスが
便秘や過敏性腸症候群(IBS)便秘型に関連していると考えられます。

FODMAPに分類される糖質は
①フルクタン(フラクトオリゴ糖、イヌリン)
②ガラクタン(ガラクトオリゴ糖)
③ラクトース(乳糖/2糖類)
④フルクトース(果糖/単糖類)
⑤ソルビトール(糖アルコール/ポリオール)
⑥マンニトール(糖アルコール/ポリオール)
です。

フラクトオリゴ糖やイヌリン、ガラクトオリゴ糖は
整腸作用があるとして広く一般に活用されていますが、
これは小腸で消化されにくい性質を利用しています。
高い発酵性と浸透圧活性があり
一部の人に胃腸の機能異常を起こします。

ラクトースは乳製品、特に牛乳に多く含まれる糖で
腸内で作られるラクターゼ(消化酵素)によって分解されます。
私たち人間は離乳するとラクターゼの活性が低下し
ラクトースを十分に分解できず、
一部の人に下痢などの症状が現れます。

フルクトースはグルコースと結合することで吸収されます。
そのためフルクトースとグルコースが均衡している食品は
FODMAPではありませんが、
フルクトースがグルコースよりも多い食品はFODMAPとなり
一部の人に胃腸の機能異常を起こします。

糖アルコールは小腸からの吸収が悪くカロリーになりにくいため
低カロリー甘味料として広く活用されていますが、
高い浸透圧活性により、多量に摂取すると健康な人でも
お腹を下す場合があります。
また、フルクトースの吸収にも悪影響を与えます。

FODMAPは発展途上の研究なので日々情報が更新され
インターネット上(個人のブログ等)で新旧の情報が錯綜しています。
当ブログではFODMAP食品の判定について信頼できる情報源として
モナシュ大学のFODMAPアプリを参照していますが、
一部、アプリ以外からも情報収集しています。

※ 低フォドマップ食事療法はオーストラリアのメルボルンにある
  モナシュ大学の研究チームによって開発されました。
  モナッシュ大学は、オーストラリアおよび世界中の食品の
  FODMAP含有量を測定するための食品分析プログラムを確立しています。

食品一覧はこちら

低FODMAP食事療法について(雑記)

 この半年、自己流で高FODMAP食品を避けた食事を続けています。最初の3週間で効果が出たので続けているのですが、IBSが治ったわけではないです。むしろ何を食べても食後はガスが多く出るので、仕事中は何も食べず、まともに食べるのは夕飯だけ、しかも可能な限り低FODMAP食品だけにしていますから栄養不足は否めません。なんなら腸以外の体調不良が増えている感じすらあります。正しく低FODMAP食事療法をしていないので、当たり前ですw
 正しい低FODMAP食事療法についても記事にしたいなと思っていますが、今日は時間が取れないのでまた後日。低FODMAPについて気になる方は、取り急ぎGoogle先生に聞いてください。。

2020/1/13
 取り急ぎFODMAPについてまとめました。
 また、FODMAP食品一覧も作成しました。随時、更新します。

about my IBS background

 今振り返ると、23歳頃には既にガスが多かった気がしますが当時は気にしていませんでした。(面の皮が厚かったw)
 以降、30歳頃までの記憶はほとんどないので、いつ頃からガスが気になり始めたのかはわかりませんが、少なくとも今の会社に転職した30歳以降はガスが気になっていました。でもまだその頃は「昔からガスがよく出る体質だもんな~」くらいに思っていて、特に病気とは思わず。
 34歳で今のオフィスに転勤になったのを境にガスの多さが更に気になるようになり(おそらくオフィスのレイアウト等が影響)、35歳になってやっと「ガスが多すぎて仕事に支障が出ている・・・」と自覚。(遅っ)
 少しずつインターネットで情報収集していく中でIBS(過敏性腸症候群)というキーワードに出会いつつも、「内科に行ったが気のせいと言われた」などの口コミに尻込みして病院に行くには至らず。。
 35歳の終盤に健康診断で「便潜血あり」で要精密検査となり、思い切って大腸CTを受けたものの異常なし。大腸に腫瘍などがないことがIBS診断の前提なので、図らずも便潜血のおかげでIBSがほぼ確信に変わりました。
 36歳になり、Mykinso(腸内フローラ検診)を実施している県内のクリニックの中で一番近い内科クリニックに行き「仕事に支障が出ている」と伝えるも、レントゲンすら撮影してもらえず「気のせい、病理的なものではない」との診断。(出た!IBSあるあるw)
 仕方がないので翌月から自己流で低FODMAP食事療法を開始。と言ってもオフィスで働きながらチャレンジ期なんて設定できるわけもなく、仕事の前日はFODMAP除去食、翌日が休みの日は”チートデイ”にするという中途半端な食事に。。
 その後、IBS治療を標榜している隣の市の内科クリニックを受診し、無事に(!?) IBSと診断されました。以降、なんちゃって低FODMAP食事療法を続けつつ、よりIBSに精通した医師はいないものか・・・と、IBS治療を標榜するクリニックをジプシー中です。